シングルマザーは看護師を現実的に目指せるのか

シングルマザーは看護師を現実的に目指せるのか

看護師と聞くと学校に入学するまでもハードルが高く、卒業までもハードなスケジュールの為、主婦の方やシングルマザーの方には絶対に出来ないと思っている方が多くいらっしゃいます。
確かに、学校に入学するまでもたくさん勉強しなくてはいけませんし、入学後には座学の他に実習に行かなくてはいけません。
しかし、実は看護学校には社会人だった方や主婦の方が多く存在します。
と言うのも、社会人経験があったり、主婦の方は社会の厳しさやお給料の大事さを十分に理解している為、お給料の良い看護師を目指される方が多くいらっしゃいます。
そして、シングルマザーの方も多く存在します。
それは、女性でも多く稼げる看護師として就職できたら、子どもを十分に養っていけるからなのです。
十分に養っていけるお給料があれば、親権を取られる心配もありません。
看護学校に通っているシングルマザーの方の中には、まだ保育園に通っている年齢のお子さんをお持ちの方もいらっしゃいます。
そのような方は、通学前に子どもを保育園に預けて、下校時に保育園にお迎えに行くという生活を送っています。
保育園に預けるというのは、働いていた時と同じ生活のスタイルなので苦痛ではないそうです。
そして、子どもを寝かしつけてから授業の予習復習を行っているそうです。
でも多くの方は、この夜の勉強の時間に慣れるまでが大変だったと言っています。
ところが慣れてしまうと短時間で勉強内容が頭に入ってくるし、勉強法も工夫して行うようになる為、子どものお世話や家事も行えるそうです。
そして実はシングルマザーの方は、ご自身の生活や子どもの生活もかかっているという使命感もある為、留年する方が少ないのが現状です。
その為、シングルマザーで看護師をされている方が多く存在します。
そして、このような方はみんな「子どもが一緒に頑張ってくれた。」、「子どもが支えてくれたから頑張れた。」と話しています。

看護師に無事に就職できた時には、達成感とともに子どもとの絆を再確認することが出来ます。