看護師のメリット 

不況の時代に資格のある職業は有利だと言われますが、中でも看護師は人気の職業ですね。
看護学校や看護大学の受験倍率は年々高くなりその人気の高さがうかがえます。
看護師の働き場所は、以前は病院がほとんどでしたが介護事業が浸透した今は介護施設や訪問看護など多様化されています。
働き場所が多くなったことで看護師の需要は高まるばかりで、どの現場も常に看護師不足という問題を抱えています。
需要が高いということは就職難の中にあってとてもありがたいことです。
重要が高いからこそ、自分の条件に合った働き方、働く場所を選ぶことができます。
また、看護師は結婚や出産、子育てで一度職を離れても容易に再就職することができます。
看護師の一番のメリットはここかもしれません。
多くの女性が社会進出していますが、やはり結婚や出産で退職を余儀なくされることは少なくありません。
子育てが一段落して再就職しようとしたとき、看護師免許を持っているというのは本当に有利です。
パートで働くにしても免許の必要な専門職ですから他の職種に比べて高い時給がもらえます。
一旦現場を離れてしまうと技術的に心配だ、いう声もありますが今は医療現場だけでなく介護施設での勤務などがありますので自分の技量にあった職場で働くことができます。
医療は日々進歩していますので知識の面ではブランクによって遅れを取るかもしれませんが、現役時代に会得した看護技術と勘は少し練習をすれば取り戻せるので心配いりません。
また、医療や介護に携わる職業だという自負はやりがいにもつながり仕事への意欲を高めてくれます。
加えて社会的に看護師という仕事への信頼度が高いので社会的にも認められ社会的地位も確立できます。
仕事柄病気や介護にも詳しくなりますので親類や友人から相談を受けることも多く、医療の知識は家族の健康管理にも役立ちます。
病院事情に詳しくなったり医師や看護師に知り合いが増えることでいろいろ相談できることも多くなりますので助かります。
看護師は責任の重さや勤務の大変さはありますがやはりメリットの多い職業だと思います。

看護学校の実習をどう乗り切るか

看護学校と聞くと実習が多くて大変というイメージがあると思います。
そのイメージは正解です。
看護学校では、卒業するまでに多くの実習に行かなくてはいけません。
実習先の病院は、様々な場所や科だったりします。
多くの看護学生は、この実習で悩んだり、辛い思いをしています。
では、このように大変な実習はどのように乗り切ったら良いのでしょうか。
まず、実習中で1番大事なのは、自分の睡眠時間の確保です。
実習に行くとレポートなど様々な提出課題を出されます。
それを実習が終わったその日に終わらせないといけない為、多くの学生は夜遅くまでレポートをやっていたり、徹夜でレポートを仕上げています。
しかし、寝不足になると実習中にミスを犯してしまう場合があります。
実習中でもミスは許されないので、小さなミスをしない為にも睡眠時間の確保をしましょう。
そして、その為には時間の使い方を上手くしなくてはいけません。
実は実習を上手く乗り切っている学生は時間の使い方が上手なのです。
実習中でも、昼食の時間はあります。
時間の使い方が上手い学生は、昼食を食べ終わった後の余った時間にレポートを少しでも進めるのです。
レポートを書くのが得意な学生は、午前中の実習の内容をこの時間だけでまとめます。
少しでもレポートを完成に近い状態にして帰宅すると、自宅で書かなくてはいけない量が減ります。
その結果、早く就寝ができるので寝不足にならずに済むのです。
あと実習前に自分が行く病院や病棟、科などが分かります。
それらが分かった時には、事前にその病棟にはどのような疾患の患者さんが多いのか担当の教員に聞いておきましょう。
そして疾患について学習しておくと実習がスムーズに行えると思います。
実習は、座学の内容も大事になってきます。
なので普段から座学をしっかりと聞くようにしましょう。
そして事前学習や復習など、自分が覚えやすくて分かりやすい方法で行っておく事をオススメします。

シングルマザーは看護師を現実的に目指せるのか

看護師と聞くと学校に入学するまでもハードルが高く、卒業までもハードなスケジュールの為、主婦の方やシングルマザーの方には絶対に出来ないと思っている方が多くいらっしゃいます。
確かに、学校に入学するまでもたくさん勉強しなくてはいけませんし、入学後には座学の他に実習に行かなくてはいけません。
しかし、実は看護学校には社会人だった方や主婦の方が多く存在します。
と言うのも、社会人経験があったり、主婦の方は社会の厳しさやお給料の大事さを十分に理解している為、お給料の良い看護師を目指される方が多くいらっしゃいます。
そして、シングルマザーの方も多く存在します。
それは、女性でも多く稼げる看護師として就職できたら、子どもを十分に養っていけるからなのです。
十分に養っていけるお給料があれば、親権を取られる心配もありません。
看護学校に通っているシングルマザーの方の中には、まだ保育園に通っている年齢のお子さんをお持ちの方もいらっしゃいます。
そのような方は、通学前に子どもを保育園に預けて、下校時に保育園にお迎えに行くという生活を送っています。
保育園に預けるというのは、働いていた時と同じ生活のスタイルなので苦痛ではないそうです。
そして、子どもを寝かしつけてから授業の予習復習を行っているそうです。
でも多くの方は、この夜の勉強の時間に慣れるまでが大変だったと言っています。
ところが慣れてしまうと短時間で勉強内容が頭に入ってくるし、勉強法も工夫して行うようになる為、子どものお世話や家事も行えるそうです。
そして実はシングルマザーの方は、ご自身の生活や子どもの生活もかかっているという使命感もある為、留年する方が少ないのが現状です。
その為、シングルマザーで看護師をされている方が多く存在します。
そして、このような方はみんな「子どもが一緒に頑張ってくれた。」、「子どもが支えてくれたから頑張れた。」と話しています。
看護師に無事に就職できた時には、達成感とともに子どもとの絆を再確認することが出来ます。

意外な看護師さんの転職、就職問題、

意外な看護師さんの転職、就職問題、

先般、内臓疾患で1週間ばかり入院を余儀なくされました。 入院治療で病状は比較的快方に向かっていて看護師さんも親切に丁寧に小生の看護もしてくれましたが、ある日突然その看護師が診察に来なくなり、事情を聞い たところお辞めになったという事でした。 何やらガッカリしながらも、数日のうちに無事退院しましたが。

後に、看護師さん達に関して求人サイトなどをネットで覗くと、意外と多くのサイトがあるのに驚きました。 それにしても看護師さん達の待遇面、給与面が意外と高額なのにさらに驚きます。 尤も、このことは驚くには値しないし当たり前のことで、何故かと問われれば人の命を預かっている大切な仕事でもあり、職種なのですね。 何と言っても、いつ、どこで、どの様な事態、緊急な業務が起こるかも判らないし、これら不安定、不規則な仕事の上に、仕事中は常時立ちっぱなしであり、そ れらの心労や気苦労も大変な物で、又、患者さんや仲間同士でも結構ストレスが溜まったりして大変な業務、勤務であることは察するところであります。

確かに昨今、看護師さん達の転職のことが取り挙げられてネット上でも賑わっているようですが、此れは実は病院泣かせ、医師泣かせでもあるのでして、いささ か悩ましいところのようです。 しかし、看護師さん達の不満の原因と言うのは待遇面や給与面だけではなさそうな気もします。 それは彼女達の若い年代から大企業のサラリマン達と比べても決して低いとは思われず、少なくともそれ以上に収入を戴いているようですし、先ずこれらには該 当しないと思われます。
転職したいという主な理由や原因は、やはりと言うか職場の問題が挙げられると思います。 病院内の職場環境や福祉関係、人間関係、更には患者とのトラブルやセクハラなどの精神的なものが思い当たります。

又、看護師さん達は昨今では医療現場だけでなく、現在、少子化や高齢化社会が進んでいる時代でもあり、彼女達の選択の場や転職先、就職先としては案外人気 とされているのが福祉関係や介護関係ともされています。 これらの業界である福祉や介護、老人医療ホームなどにも興味を持ち、現に、勤めている看護師さん達も年々増加していると聞き及んでおります。

准看護師になるには

近頃では、離婚する夫婦が増えています。
シングルマザーが多くなり、子供を抱えて生活をすることも多くなりました。
そのためか、介護初任者研修講座や准看護師の学校の受験者数が増えているようです。
特に准看護学校は、二年の定時制であり、働きながらでも通学できるので、主婦にも人気があるようです。
理由は学校の軽減が出来るからです。
それに、看護学校を受験したけれど、残念ながら落ちてしまったという場合にも、滑り止めとして受験する高校生もいます。
准看護師と看護師と言っても、その仕事内容にはほとんど大差は無く、患者の看護や医師の補助などを行います。
けれど、准看護師は看護師長や看護部長にはなることは不可能であり、どれだけ経験を積んでも主任にしかなることは出来ません。
また、給料も看護師よりも二万から三万ほど安く、病院によってはあまり昇給しないケースもあります。
その上、最近では病院の規定により、看護師の配置数が決まっており、准看護師はその数には含まれていません。
そういった理由で、准看護師を採用しない病院も増えています。
准看護学校も廃止にしようという動きがあり、出来るだけ看護師の免許を取得してもらえるように、准看護師の免許を持っていれば、通信教育でも看護師免許が取得出来るようにもなっているようです。
しかし、子供がいるシングルマザーの家庭では、全日制で三年間も看護学校に通うのは、実家などのサポートが無いとなかなか難しく、准看護学校はまだまだ人気がるようです。
受験者数も年々増えており、男性でも受験する人が多くなりました。
そのため、准看護学校はかなり狭き門となっているようです。
また、准看護師と看護師の給料に差があるとは言え、それでも手取りで19万から25万ほど夜勤をするともらえるようなので、人気はあるようです。

参考サイト

http://xn--vcsu3i47b045b7ovynbe85c.co/
准看護師の免許を持っていると、休日や空いた日などにも、デイサービスや訪問入浴などでも働くことが出来ますので、収入もアップすることが可能です。
夜勤もするようになると、月に休みが10日以上になることもありますので、単発バイトもたくさんすることが可能です。
そういった理由でも、准看護師はまだまだ人気があるようです。
看護師の仕事は命を預かるものであり、責任感も必要ですが、やりがいもありますので、これから准看護師や看護師を目指す人は、ぜひ、頑張ってください。